そばの歴史を読み解く

美味しい蕎麦を食べて楽しもう

そばのアレンジレシピを紹介!!

食欲がなくてもさっぱり食べられるそばはカロリーも低く、子供から大人まで人気の食材ですよね。
ざるそばやあたたかくして食べるのもとても美味しいですが、いつもと少し味付けを変えたアレンジレシピでも美味しく食べられます。
カロリーが気になる方は利用してみると良いです。
そばをパスタ代わりに使って和風な味付けにすればよりヘルシーに楽しめます。
だしにとき卵をといて片栗粉でちょっととろみをつけてねぎをふれば、ちょっとおしゃれなレシピも出来上がります。
さっぱりがっつり食べたい時は大根おろしと焼いた焼肉をのせて食べるととても美味しいです。
焼肉と大根おろし相性抜群のレシピです。
麺つゆとトマト、ゆず胡椒で味付けをすればさっぱりトマトの冷やし麺の出来上がりです。
梅干しとアボカドと納豆とオクラト大根おろしの組み合わせは夏らしくさっぱり食べられるメニューです。
たくさんのメニューがあり、アレンジも可能な万能食材なので試してみるよ良いですよ。

夏ばてしないそばレシピ

暑い夏の定番食と言えば、冷たい麺類が人気です。
食欲がなくてもつるつると食べられるという点が人気の理由になっていますが、麺類だけでは栄養が偏り夏ばての原因にもなります。
そこで、冷たくてつるつる食べられて栄養もばっちり取ることができるそばの簡単レシピを紹介します。
そばは炭水化物なので、具沢山のつけ汁を添えたセイロがおすすめです。
大根や人参などの根菜類、しいたけなどのきのこ、豚ばら肉や油揚げなどのたんぱく質類を具とし、めんつゆを使った簡単な汁で煮込みます。
濃い目の味付けにして、茹でて冷たい水で締めたそばをつけながら食べます。
栄養もしっかり取れるので、暑い時期のランチにぴったりですね。
また、さらさらと食べたいという場合は、ぶっかけもおすすめです。
茹でた麺に摩り下ろしたとろろ、卵黄、刻んだねぎや海苔を添えて、薄めためんつゆをかけてざっくりと混ぜ合わせていただきます。
食欲がないときでも喉越しがよく食べやすいです。

2016/5/25 更新

Copyright(C) 2015 SOBA. All rights reserved.