そばの歴史を読み解く

美味しい蕎麦を食べて楽しもう

そばの職人についての記事

仕事などではその道のプロが必ずしも存在をします。
一つの道を極めることによって多くの人を魅了をする仕事をすることが出来ることになります。
中でも食べ物の食材を作るのに長けた人も多くいます。
その一つとしてそばの職人になります。
市販で購入をすることも出来るものが多くなってきていますが、そうではなくてお店に行かなければ職人の作るそばを食べることが出来ないということになっています。
このようなことについては、以前からも大変広く行われているものになりますが今でもその流れは続いているものになります。
より美味しいものを追求をする人と、それを求める人というのは今も昔も沢山います。
その中でも日本が大切にしてきているそばの人気が大変高いので職人を目指すという人も多くいることになっています。
このようなことから、これからも多くの人を魅了する食材として広く普及をしていく食べ物として多くの人に愛されていくことになるでしょう。

そば職人も驚くケーキ!

そば粉を使って、そば職人も驚くようなケーキをつくることがでます。
そば粉120グラム、地粉120グラム、水400cc、自然塩小さじ1をすべて混ぜ合わせてクレープの生地をつくり、フライパンで8枚分を焼きます。
固く水気を絞った木綿豆腐2分の1丁、白ごまペースト大さじ1、ハチミツ大さじ1をミキサーで混ぜ合わせて豆腐クリームをつくり、絞り出し袋に口金をつけて、半分入れます。
ミルフィーユのように、クレープの間に豆腐クリームを塗り、イチゴ適量を挟みます。
これを繰り返して、最後に全体に、豆腐クリームをキレイに塗ります。
残りの豆腐クリームをリボン状に絞り出して、イチゴ、ブルーベリー、星形に型抜きしたクッキーを飾れば、クリスマスにもピッタリの「イチゴと豆腐のホワイトケーキ」のでき上がりです。
甘さは控えめですが、生地は意外と柔らかくて食べやすいです。
陽性の食材が、豆腐、ハチミツという素材の陰性を緩和して、バランス良くなります。

Valuable information

カラコンの激安商品
http://barbieye-shop.co.jp/

Last update:2016/5/25

Copyright(C) 2015 SOBA. All rights reserved.